FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.03.2512:30

専門家から疑えってか!?

 「ここはどうなっているんだ!?」の状態はまだ続いていて、やっぱり『トロイの木馬』だろうか。というより『とろい』のは私自身かもね。w
 管理画面になかなか入れなかったから、もうこのブログは消去されてしまったのかと私は思っていた。無事で何よりだってか、面倒だけどIDとかPWとかを変えた方がいいのかな?

もう一週間近く前になるが、NHK深夜の『メルトダウンFILE4』を見ていてふと思い当たる言葉があった。それは・・・

『専門職から疑え!』

という言葉だ。
 科学者たちの操る科学、政治家たちの操る政治・・etc.の、何をどこまで我々素人は信用・信頼したらいいのか!?

 吉本隆明は晩年『素人の時代』というフレーズを好んで用い、これをタイトルにした本も出した。彼は自分が科学畑出身だったこともあって科学者一般を信用していたが、『専門家一般』は信用していなかったのではないかと、私は思っている。

 『専門バカ』という言葉もあって、これは自分の専門以外の分野に於いて人は知識というものが疎かになりがちで、馬脚を現すことが多いという意味で使われるケースが大半だが、吉本が指摘していたのは、専門家たちがまさにその専門分野の只中に於いて、あるべきその能力を失っているのではないかという、拭い難い疑念である。学者たちなどは所詮『打率二割五分』ではないか、四回に一回しか当たらないじゃないかということもよく言っていた。

 先入観の有無に関わらず、素人の直観力に依拠した方が賢いのではないかと判断される場合も、世間には数多く存在するのである。
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。