FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08.1820:04

チャンネル12.

(お出迎えとお見送り)

 桃園で播いていた頃は必ず『お出迎え』と『お見送り』があった。私が現場に到着するや否や、つつつッと何羽もすり寄って来るのが私の言う『お出迎え』である。チュンチュン甘えるような可愛らしい声で鳴くのは餌が欲しいときそのもので、真正面から素直に寄って来るのである。今はこの『お出迎え』はない。皆無である。だが私が現場で鳩たちしかいない地面にパン玉一つを投げ入れると、途端に10羽以上のスズメたちが舞い降りて来る。彼らは彼ら独自の伝令・斥候その他通信網を使って、私の自転車が現場に近づきつつある段階から『あ、あのオヤジが来たぞ!』と既にみんなで連絡し合って『樹上待機』しているのではないかと私は疑っている。

 餌遣り半ばで路上に待機する彼らは私の方を正面から見据えてなどいない。むしろ完璧に『揃って横向き』の体勢をとることが多い。(地面に降りないで樹上や石材の上に待機しているものたちは普通に私の方を注視している。)それでも私が餌を播く『手の動き』はしっかり捉えていて即座に反応するのだから、彼らは左右両方の目が別々の方向を見ているのではないかと考えてしまう。

 『お見送り』も最近は殆どない。桃園では私が投げる食糧を全部投げ終わって帰り支度も済ませている段階になって、ハンドルやらサドルやらに止まって『お見送り』(←実は「もっと餌が欲しい♪」ということだろうが、ないものはあげられないのである。私は自分の昼食用のおにぎりまで投げてしまっているのだ!)
 この「お見送り」を振り払って帰路に就くのは我ながら切ない気持ちになるのだった。今日O氏も同じことを言っていた。w

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。