FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.0217:22

チャンネル18.

*昨日久しぶりに休んだら一気に疲れが出たような気がして、今日は出発を大幅に遅らせ、NHK教育テレビの将棋対局を見てから出掛けた。「おもいでの森」に着いたのは2時半頃だったと思う。
 今日はおとついより雀さんたちの来客は多く、カラスも7~8羽くらい来た。彼らには「カニパン」(105円)というのを大きく千切って与えたので、雀や鳩向けの小粒の餌を強奪する素振りすら見せなかった。ただ、あまりに連続して与え過ぎて、そのまま居着かれても迷惑なので、それぞれに適当に与えた後は給餌を止めて「お引き取り」願うのである。今日もこの作戦は成功した。(私の印象ではカラスとムクドリはハトやスズメほど「もっと、もっと!」と餌の追加に拘泥することはない。淡白なのである。)
 雀さんたちは2百羽前後は来ていたように思う。鳩の中で私が注目しているのは例の足環の子で、私は目につくと彼(彼女?)の前にコメやらパンやらを投げている。彼だけを「えこ贔屓」しているのである。コメを投げると他の仲間が殺到して来るから彼(彼女)は揉みくちゃにされてしまうのであるが。あっそ。
 ハト類は子供に与える食餌が他の鳥と全く違うのだそうだ。彼らはオスもメスも、食堂の途中にある「そのう」というところで作られた「ピジョン・ミルク」を子供に与えているという。そう言えば、「口移し」なら私はカラスもムクドリも雀ちゃんも何度も見掛けているが、鳩の「口移し」はまだ見たことがないように思う。鳩同士が嘴を噛み合わせて争うような仕草なら何回か見たが、あれはまさか「口移し」ではないだろう。鳥たちは普通巣立つ際には体格だけは親と殆ど同じくらいにまで成長しているらしい。

============

(人口)

 世界人口は既に70億人を突破しているらしい。 
 ここに日本の人口は現在1億2,700万人で、これは当分減る一方である。

(粟・アワ)
稗・ヒエ

============
 
(カラス vs ハト&スズメ)

 この関係で言えば、鳩と雀はカラスによってただ一方的に食われるだけの関係である。鳩や雀がその代償に何かカラスから恩恵を被っているかと言えば、そんなことはまずあり得ないだろう。
 でも彼らにとって危険なカラスが来たからと言って、いつもいつも逃げ回ってばかりかと言えばそんなこともないのである。確かにカラスが「カァ!」と一声鳴いただけで付近のハトやスズメが殆どパニック状態で一斉に逃げまくることもあるが、逆に、近くにカラスが数羽来ても鳩や雀たちが平然と構えて一向に逃げ惑う素振りすら見せないことも少なくないのである。まるで彼らの間には「今は食わないぜ♪」とか「今は俺たちは大丈夫、安全だ♪」etc.とかの「鳥語」による(ボディトークも含めて)一種の「会話」が成立しているかの如くである。或る学者によれば「スズメ語」には30種の「鳴き分け」があるとのことだが、では一体、鳩やカラスはどういう「言語」を操っているのだろうか?!これは不思議だ。・・私には片や「クウクウ」片や「カアカア」鳴いているようにしか聞こえないのだが・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。